おいしい+けいはん亭

長寿の島のおもてなし料理

長寿の島のおもてなし料理「奄美鶏飯(あまみけいはん)」

奄美鶏飯(あまみけいはん)

鹿児島県奄美大島の鶏飯は、笠利町周辺にかつて存在した郷土料理。奄美大島は、長寿国日本の中でも最高峰に位置する長寿の島です。
人口10万人当たりの100歳以上の数は、長寿で有名な沖縄と比べてもなんと約1.5倍にも上ります(平成15年10月1日DATA)。
そんな奄美大島で、おもてなし料理や給食として出ている「奄美鶏飯」は、丸鶏を余すことなく使い、滋養あふれる伝承料理です。
旨味たっぷりでサラサラと頂け、体の芯から温まり、健康、生活の知恵が詰まっています。

長寿の島のおもてなし料理「奄美鶏飯(あまみけいはん)」

地産地消の奄美の品

けいはん亭では、鶏飯用の鶏を放し飼いにすることで筋肉が引き締まり、1年以上飼育し脂ののった親鳥を一羽全てを使い、良質の原木椎茸でおいしいダシを作っています。
また1年以上飼育した新鮮な親鶏をゴトゴトと時間をかけ煮込んだ鶏のスープは、僅かな塩と薄口醤油で素材を引き立てます。

袋を開けて3分。我が家は南国レストラン

簡単!おいしい鶏飯のお召し上がり方

体に染みこむスープと、薬味の生姜も地産地消の奄美の品、安心してみしょれ(召上れ)!!

・商品一覧